高野山1200年の光

テスト中の大塔5/13にお客様への納品のついでに「高野山1200年の光」を見てきました。
伽藍の根本大塔に3Dプロジェクションマッピングをするというイベントです。
納品を済ませたあと5/21まで午後8時まで開館している霊宝館によって、国宝や八大童子の面々をゆっくり見てきました。5時を過ぎているこの時間は空いていていいですね。
霊宝館は一般の博物館とは違って館内はお寺みたななんですよね。八大童子はずらっと並んでいいんだけと照明はもう少し工夫してほしいかもね。他の仏像もそうなんだけど影が強いのが残念。
6時過ぎに大塔に来て座っているとマッピングの調整なのかこんなのを投影していました。

高野山1200年の光 高野山1200年の光

高野山1200年の光本編は撮影禁止でせっかく三脚持って行ったのにちょっと残念。だけど終わってから1分程の撮影タイムを設けてくれていました。しかし、こういう情報は公式サイトに書いてほしいですね。
後で撮れるのなら本編中に無視して携帯とかで撮る人も減るんじゃないのかな?
動く映像は動画で撮るのが一番だけど雰囲気はわかるかなって思います。
17日までなのでこの今日明日は一段と人も多いでしょうね。