バルト海クルーズ -3 グレートベルト・リンク

オスロを出港していったんデンマークのほうに戻りいよいよバルト海へ。それにはグレートベルト・リンクのイーストブリッジの下をくぐる必要があります。夜中の3時くらいでしたが甲板にでて見てきました。雨がぱらついてたけど結構人はいましたね。
グレートベルト・リンクグレートベルト・リンクグレートベルト・リンク


このグレートベルト・リンク (英語 Great Belt Link、デンマーク語 Storebæltsforbindelsen) は東西のデンマークをつなぐ重要な橋で豪華客船もここをゆっくりと通過します。
バルト海に行くにはコペンハーゲンのすぐ近くにあるオーレスン・リンクが便利そうなのですが高さが足りないようです。なので帰路も大回りしてグレートベルト・リンクを通っています。

グレートベルト・リンクのイーストブリッジの最大桁高は65m。オーレスン・リンク(デンマークとスウェーデンを結ぶ)をは57m。この差は大きいのかな…。
ちなみに明石大橋の最大桁高も65m。でも干潮の差が大きい日本ではなかなかこの下を豪華客船はくぐれないそうです。
余談ですが海外ドラマのTHE BRIDGE/ブリッジのブリッジはオーレスン・リンクのほうです。

地図を見ると北海からバルト海に行くにはこの二つの海峡を通らないと行けません。バルト海沿岸の国々の中でこの要所にあるデンマークは過去数々の戦争を経験して今の国土になっているようです。今回バルト海クルーズでよく知らなかった沿岸諸国の歴史をちょっとだけ知った次第です。

通過の様子の動画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました