747伊丹イベント

3月末の全機退役を前に、1月12日ジャンボが伊丹に帰ってきました。
伊丹からジャンボが消えて8年。もう一度伊丹で見たいという願いが叶いました。
千里川土手
千里川土手早朝千里川土手でジャンボを待ちます。すでにたくさんの人;;熱い一日の始まりです。
羽田からの第一便ANA 961便がまず到着。テスト撮影にちょうどいい。(^^;)後にはジャンボの機影が見えます。
そしてやってきましたよ。いつものトリプルほどの風圧をなぜかまったく感じないやわらかな着陸でした。お帰りジャンボ!

格納庫前さて機体見学にはまだ時間があるのでスカイパークへ移動。着いた頃にはタラップははずされ移動をはじめていました。ゆっくりと格納庫へトーイングカーで移動していきました。
滑走路の下をくぐる道を自転車で通りターミナルへ。この道もけっこう遠い;;;(この時点でかなり疲れた;;まだ9時ころなのに;;)


格納庫前のJA8961
受付後バスにのり格納庫へ。目の前にジャンボが現れました。デカイ〜!下地でも近くで見たけど今回はもっとフレンドリー。(^_^)

格納庫前のJA8961
それは「えっ?いいの?」ってくらい近くまで行けたこと。触れるし;;エンジンの下にだっていける。(^^;)

格納庫前のJA8961
格納庫側から。伊丹の格納庫なんて普段行けないもんね。貴重な体験。ここで数々の特別塗装機が生まれたんだね。

格納庫前のJA8961格納庫前のJA8961
この三段の大きなフラップはジャンボで大好きな部分。めーいっぱい広げた姿はまさに鳥。近くで見るとそれはもう大迫力。

格納庫前のJA8961 格納庫前のJA8961
左はメインギア。タイヤの内側の白いところがブレーキこれが円盤を押し付けてブレーキをかけるそうです。
右はノーズギア。ライトってこんなふうになってるんですね。

格納庫前のJA8961スヌーピー号。どうしてこれがあるかというとこのJA8961がそうだったんですね。
歴代ポケモンジェットもこの格納庫で生まれたのでしょうね…。ピースのあとははたしてどうなるのか…

ジャンボ遊覧フライト1時間程でしたが、たっぷりジャンボを楽しむことができました。その後お昼ご飯を食べて再び撮影へ。遊覧フライトがあるのでデッキをのぞくと人人でまったくエプロンが見えず;;;
なので今度はバスでスカイパークへ。ここからでもデッキの人だかりが見えます。

ジャンボ遊覧フライト ジャンボ遊覧フライト
ジャンボ遊覧フライト
大阪(伊丹)- 大阪(伊丹)遊覧飛行 14:00発 – 15:30着
左は離陸。伊丹の管制塔を入れてみました。右は着陸時滑走路のこんな端まで行っちゃいましたよ。これだと猪名川で撮ってた人はよかったんじゃないかな?
ここまで着陸でいく飛行機はないですもんね。

ジャンボ遊覧フライト放水
そして放水でお出迎え。伊丹で放水ってなかなかないですよね。

さよならジャンボスカイパークから空港に戻るバスは激込み;;空港に戻ったのは4時半頃でした。
デッキは相変わらず人がいっぱい。東京からの知人にも無事挨拶でき、撮影してる隙間からジャンボにお別れも出来ました。
いやー長く熱い楽しい一日でした。
伊丹空港は撮影スポットが多くあるので全国から集まった愛好家も思い思いの場所から撮影されたでしょうね。皆さん、お疲れさまでした。

タイトルとURLをコピーしました