V4ポニーテイルデータ

お蔵入りしそうなので自前でビクトリア4.1用のヘアデータを公開します。これはライブラリーに追加するためDAZに渡したものと同じです。そしてこれを元に作ったのがギャラリーにある Ring the bell です。
DAZにデータを送ったし受けとりも確認してます。しかし、方法がV4のModelに直接設定してるためか(予想ですが)追加してくれていません。 これ自体は開いても何もない状態なので使いにくいのでしょうね。ついでに愚痴を書くとデータを作るにあたって他にいい方法はあるか聞いたのですが特に指示はなかったです。(-_-;)
以下使い方を説明します。

データをダウンロード

まず下記の「ダウンロード」をクリックしてv4-ponytailHair.zipをダウンロードします。解凍するとv4-ponytail-Hair.carとv4-ponytail-Hairっていうのが出来るかもしれませんがv4-ponytail-Hairは捨ててください。
v4 ponytaleHair.carをCarrara 6のPresets¥Hair¥Victoria 4にコピーします。(この作業は絶対ではなく、必要な時シーンにこのファイルをインポートしてもかまいません)
※Hallo Carrara閉鎖のためダウンロードは現在準備中です。

ビクトリア4.1をCARRARAで開く

ビクトリア4.1をCARRARAで開きます。ブラウザのcontentにあるVictoria4.1をダブルクリックするか、直接Victoria4.1.cr2を開きます。またDAZ|Studioで編集したものを開いても大丈夫です。ポージングしていてもOKです。(多分;;)

v4-ponytail-Hairを読み込む

Victoria 4.1のプロパティパネルの階層下にはModelとhipがあるのを確認してください。
それからシーンにブラウザからv4-ponytail-Hairをドラッグします。(この時無理にビクトリアにアタッチする必要はありません。)
ドラッグするとプロパティパネルにv4-1 Hairが追加されます。それを先ほど確認したModelにドラッグすると下記のようになります。
v4hair screen1
階層下に入れると下記画像のようなガイドヘアが現れると思います。

    注意:先にアップしていたデータはv4-1 HairのPlacement TypeがUV Basedになっています。このままではブラウザから読み込んだVictoria4.1のModel階層下にいれてもガイドヘアが表示されません。 HairのPlacement TypeをGeometry Basedに変更していただくと正常に表示されます。ややこしい場合は再度ダウンロードしてください。(2007/11/06データ修正)

v4hair screen2

調整

もしポージングしている場合髪の毛が身体に食い込んだりしていると思いますので適宜編集してください。ヘア編集のツールについては別のページで説明したいと思います。

作ったのがベータ版で今みると手抜きの部分もあってお恥ずかしいのですが参考になればと思います。ご意見などありましたらBBSに書き込んでください。
Modelに直接髪の毛を設定する方法の利点は首や肩などとの衝突判定が出来ることです。たとえポージングしていたとしても大丈夫です。なので身体が傾いたりしている場合もそれに合わせて髪の毛をブラッシング出来ます。
難点は常にヘア編集で全身が表示されるので頭にフォーカスさせないといけないことかな。
編集がしやすいのは頭の部分だけを別途用意して(つまりはカツラみたいな感じ)それに髪の毛を生やすやりかたです。難点はModelの場合の利点の裏返しですね。
なお、頭のデータを別にしたものはHELLO! CARRARAにてユーザー向けに公開しています。