水玉模様の法則

Carraraのシェーダーで水玉模様を作るには「タイル」を使います。
この考え方は最初びっくりしますよね。目玉のシェーダーもこれの応用です。

タイルから水玉模様を作るには一定の法則があります。つまりは正円になる法則です。

水玉の基本シェーダー


↑これが基本のシェーダーです。縦横4個づつドットが並ぶようにしています。気をつけるのはMortar(目地)とRadiusの数値です。
下の表のようにMortarとRadiusの数値を指定すると正円になります。

Mortar(%) 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90
Radius(%) 50 45 40 35 30 25 20 15 10 5