camera rawの切り抜きツール恥ずかしながら最近知ったこと。
8月末に行った沖縄で「あーやっちゃったよ;;」みたいに思ったのは基地内で撮ったのが全部16:9だったこと。(GX8はマルチアスペクトなので)上下もっとほしいよな…とか思いながらRAW現像してて不思議に思ったのが開いた一瞬上下が写ること。で、いろいろいじっててcamera rawの切り抜きツールで4:3に変更できることを知りました。
え〜〜〜そうだったの?なんだよ〜〜って感じ;;
もちろんjpgだとそんなことはできませんけどね。
要は最大面積は4:3なんですね。だからどのアスペクト比で撮ってもデータサイズは同じなんですね。
ところがDMC-LX100はデジカメだけど、こちらはスペクト比に応じて写る範囲も違うしデータサイズも違います。もちろんRAWでも広くはならないです(^^ゞ
最大幅は16:9で4480px。最大高さは4:3で3088px。めーいっぱいのセンサーサイズを使ってないってことですね。
最大値の4480px x 3088pxはつまりはGX8の4:3。同じマイクロフォーサーズだけどDMC-LX100はちょっと違うというのはそういうことなんですね…

この記事をシェアする

フォローする